あなたが妊娠できない本当の理由とは?

実は、あなたが妊娠しにくいのは大きく分けると3つの可能性が考えられます。

あなたの体が妊娠する準備ができていない
妊娠する体力がない
タイミングが間違っている。

妊娠する準備ができていないとは?

あなたは、仕事や家事で毎日精神的・体力的に大きなストレスを受けているでしょう。また、生理痛・生理不順・腰痛・肩こり・頭痛・便秘といった症状の一つはお持ちでしょう。これら全てが子宮を含めた内臓の疲労からおきている可能性があります。

そのような状態で妊娠することは健康な赤ちゃんをお腹の中で育てることが難しいかもしれません。
つまり、あなたの体は赤ちゃんを守るために妊娠しようとしないと考えられます。

特に、生理痛が強い方は子宮や骨盤が硬い方が多いです。また、生理とは子宮内をキレイにするものなので上手くいかないと、子宮内の状態が悪くなり妊娠しにくくなる可能性があります。また、生理痛は生理によって排泄できないので子宮の状態が悪くなり子宮筋腫になりやすい可能性があります。また、生理不順の方はホルモンバランスが悪く、着症しても受精卵を育てることができないので流産・不育症の確率が高くなる可能性があります。

妊娠する体力がないとは?

冷え性や花粉症などはありませんか?これは免疫力や体力と関係します。妊娠・出産は命懸けです。妊娠中は2人分の血液をあなたの心臓から送り、2人分の水分をあなたの腎臓がコントロールします。おまけに、赤ちゃんが大きくなるにつれ内臓は圧迫され疲労は増します。内臓に元気がなく、体力がない母体は容易に妊娠中毒症となり母子共に危険にさらされてしまいます。

つまり、あなたの体はあなたの体を守るために妊娠しようとしないのかもしれません。

妊娠しないのは、赤ちゃんやあなたの体を守るためなのに、あなたが罪悪感を感じる必要があるでしょうか?逆に、準備が出来ていない体で運良く妊娠できたとしても、産前・後の母体や赤ちゃんに健康障害が出てしまうケースも少なくありません。

タイミングが間違っているとは?

基礎体温を計った経験はあると思いますが、排卵日と基礎体温の変化はずれることも多いです。また、病院で排卵日を予測したりしますが、これもその日の精神状態や体調で前後しますのでこれらの方法でタイミングを取ることは難しいと思います。

 

不健康な体で妊娠するリスク

薬を使っての治療や健康に全くアプローチをしない妊娠方法で妊娠したらどうなるでしょうか?農薬を使ったり肥料や水が行き届いていない土で作った野菜と、自然の肥料で十分な水を与えて育った有機野菜とどちらを選びますか。赤ちゃんはあなたの土(子宮)で育ちあなたの体から栄養をもらいます。年齢は関係ないのです。40歳を超えても健康な体であれば、元気な赤ちゃんを産むことは可能です。逆に、若くても不健康な体から生まれてきた赤ちゃんは不健康な状態になる可能性が高いといえます。

大事なのは生まれてくる子供が元気であること

不健康な体で子供を作るリスクはあなたと生まれてくる赤ちゃんの両方にあります。 妊娠サポート整体は「妊娠する」ことが目的ではありません。「健康な赤ちゃんを産み、健康なお母さんが育てる」ことが目的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA